ここから本文です

近年苦戦中のウイリアムズ、“ピンク・メルセデス化”はしないと明言「自分たちの力で戦う」

4/3(金) 8:53配信

motorsport.com 日本版

 ウイリアムズF1チームは過去2年間、コンストラクターズランキングで最下位に甘んじており、昨年は1ポイントしか獲得することができなかった。

【ギャラリー】ウイリアムズのマシンも多数ランクイン! これが鬼才の仕事。エイドリアン・ニューウェイ作のベスト10マシン

 一方でハースやレーシングポイントなどの他の中団チームは、それぞれフェラーリやメルセデスからパーツを購入しており、戦いを優位に進めようとしている。特にレーシングポイントは今季、昨年型のメルセデスに酷似したマシンを開発し、それは“ピンク・メルセデス”とも呼ばれている。

 しかしながらウイリアムズのチーム副代表であるクレア・ウイリアムズは、チームができるだけ独立した存在でありたいと考えており、前述の中団チームのようなアプローチを採用するつもりはないことを強調した。

「私はウイリアムズが独立したコンストラクターであることをどれほど誇りに思っているのかについて、常々話してきました。私たちは私たち自身の力でこのスポーツを戦っているんです」

 クレア・ウイリアムズはそう語った。

「私たちが失敗すれば、それは私たちの責任ですし、逆に成功すれば私たちの手柄です。それは非常に重要なことです」

「このビジネスモデルは数年前にも成功を収めています。2014年~2017年はとても成功したと思っています。(うまくいかなかったのは)ここ2年だけです」

「私たちがうまくいっていないのは、私たちがピンク色のメルセデスではないからではありません」

 レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンディ・グリーンは以前、多くのチームがレーシングポイントのようなアプローチをとらなかったことに驚いていると語っていた。

 一方でクレア・ウイリアムズは、レーシングポイントの手法はレギュレーションに違反しておらず問題ないとした一方で、チーム毎にビジネスモデルが異なるため、全てのチームが同様のアプローチをとる必要はないとの見解を示した。

「それは彼らが選択したことです。私たちはチームの中で製造部門と運用部門が完全に分かれているので、その方針を変えるつもりはありません」

「彼らにはそうするほどのキャパシティやリソースがないと思われるので、そういったアプローチをとることは理に適っていると思います」

「私たちF1チームはそれぞれ異なるビジネスモデルの下で働いています。彼らには彼らなりのやり方があり、彼らなりの選択があるのです」

Luke Smith

最終更新:4/3(金) 8:54
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事