ここから本文です

ルクレールとアルボン、F1バーチャルGPに初参戦。現役F1ドライバーは5名参加

4/3(金) 11:20配信

motorsport.com 日本版

 F1は新型コロナウイルスの影響により、レースの開催延期が続いている。その代替イベントとして行なわれている「F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ」に、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル)が初参戦することが分かった。

【ギャラリー】”爆発”する個性……史上最もワイルドなデザインのF1マシントップ50

 本来、4月3~5日に開催が予定されていたのは今季初開催のF1ベトナムGP。F1の公式ゲーム『F1 2019』にはハノイのサーキットは収録されていないため、今回2戦目となるバーチャルGPは、開幕戦オーストラリアGPの舞台であるアルバートパークのコースでレースが行なわれる予定だ。

 現役のF1ドライバーは、計5名が参戦。ランド・ノリス(マクラーレン)とニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)は前戦バーレーンに続いての参戦だ。ルクレールとアルボン、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が今回バーチャルGP初参戦となる。

 バーレーンで13位フィニッシュした元F1ドライバーのジョニー・ハーバートも参戦する他、イングランドのクリケット選手、ベン・ストークスがラインアップに加わっている。今後、5日(日)のレースまでにその他の参戦者が発表されていくという。

 レース開始は日本時間6日の午前4時。様々な動画・ストリーミングサイトで予選や28周の決勝レースの模様が配信される予定となっている。

Andrew van Leeuwen

最終更新:4/3(金) 11:21
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事