ここから本文です

ホンダ米国販売、フィット は12%増と回復 2020年第1四半期

4/3(金) 7:15配信

レスポンス

ホンダ(Honda)の米国部門のアメリカンホンダは4月1日、2020年第1四半期(1~3月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は29万8785台。前年同期比は19.2%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

画像:ホンダの米国主力車

全販売台数29万8785台のうち、ホンダブランドは27万0253台。前年同期比は18.9%減と後退。乗用車は前年同期比22.1%減の12万3407台と、マイナスに転じた。SUVなどのライトトラックも、16.1%減の14万6846台と落ち込んだ。

ホンダブランドの乗用車系では、『アコード』が4万7125台を販売。前年同期比は26.8%減と後退した。『フィット』は7179台を販売。前年同期比は12.4%増と回復を果たした。『シビック』は、18.2%減の6万3944台と引き続き減少。『クラリティ』も68.4%減の1255台と落ち込んだ。ハイブリッドセダンに生まれ変わった『インサイト』は、29%減の3903台にとどまった。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系は、主力車種の『CR-V』が7万1186台。前年同期比は18.4%減と2年ぶりに減少した。中型SUVの『パイロット』は、27.5%減の2万3898台と、引き続き減少。『パスポート』は、62.7%増の7833台と大幅に増加した。

日本仕様とは異なる北米専用ミニバンの『オデッセイ』は、前年同期比23%減の1万6390台と減少傾向。『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)は、10.3%減の1万9414台と、マイナスに転じている。

ホンダの2019年の米国新車販売台数は、160万8170台。前年比は0.2%増と、2年ぶりに前年実績を上回った。

レスポンス 森脇稔

最終更新:4/3(金) 7:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事