ここから本文です

メルセデスAMG『E63 ステーションワゴン』改良新型、攻撃的フロントマスクがお目見え

4/3(金) 8:00配信

レスポンス

メルセデスベンツ『Eクラス ステーションワゴン』の頂点に君臨する、メルセデスAMG『E63 ステーションワゴン』の改良新型をカメラが初めて捉えた。

関連画像を見る

ベースとなる現行型『Eクラス』(W213)は2016年に登場、AMG版は2017年に登場している。既にEクラスや高性能AMG『A53』は改良新型を発表しており、E63もそれにともないフェイスリフトが執行される。

AMGの本社があるAffalterbach(アファルターバッハ)付近で捉えたプロトタイプは、僅かなペイントを残し、ほぼフルヌードの状態だ。再設計されたブーメラン型LEDデイタイムランニングライトやパナメリカーナグリルを装備、中心に向かって切り込むデザインの大型コーナーエアインテーク、新デザインのバンパーなど、より攻撃的なフロントマスクが見てとれる。

リアエンドでは、テールライト及びルーフスポイラーなどに変更が見られないが、今後着手される可能性が高いだろう。

キャビン内では、全く新しいステアリングホイールを装備するほか、インフォテイメントシステム「MBUX」最新バージョン、ジェスチャーコントロール、タッチスクリーンなどを搭載する。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをキャリーオーバー、現行型の最高出力は571ps、最大トルク750Nmを発揮、『E63 S』では最高出力612ps、最大トルク850Nmを発揮するが、改良新型で若干のパワーアップが図られる可能性もありそうだ。

ワールドプレミアは2020年内と予想されているが、コロナウィルスの影響で新車発表の時期がずれており、不透明だ。

レスポンス Spyder7編集部

最終更新:4/3(金) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事