ここから本文です

バカリズム「住住」再始動、作業場に日村、若林、水川あさみが入り浸る

4/3(金) 5:00配信

お笑いナタリー

バカリズムが原案・脚本を担当し、2017年1月期に日本テレビで放送された連続ドラマ「住住」が新キャストを迎えて再始動。4月18日(土)よりHuluで独占配信される。

【写真】「住住」キービジュアル(メディアギャラリー他1件)

バカリズム、オードリー若林、二階堂ふみがもし同じマンションで暮らしていたら、という妄想をコンセプトに制作された「住住」。特別なことは起こらない、淡々とした時間が流れる独特な世界観が好評を博した。今回は、前作の雰囲気そのままに舞台をバカリズムが執筆作業のために借りているマンションの一室、通称“作業場”へ移し、バナナマン日村、オードリー若林が登場。執筆の邪魔をしに来る彼らに混じり、近所に住む水川あさみもここに入り浸るようになる。

監督は前作から引き続き住田崇が務め、脚本はバカリズムとオークラ、安部裕之が担当。主題歌にも再びEnjoy Music Clubが起用された。毎週土曜に1話ずつ、全6話で配信される。

この発表にあわせてバカリズムと新キャスト、プロデューサーのコメントが到着。バカリズムと日村は下積み時代に同居しており、「日村さんとは20年以上の付き合いで、一緒に住んでいたこともあるので、こういう形で共演できることに感動しています」(バカリズム)、「僕はバカリズムの公式お兄ちゃんなんですよ! 3年くらい一緒に住んでいたし、付き合いが長いんです。前回から出演している若林(正恭)よりも、ヒデのことはよく知ってるので、負けたくないな(笑)」(日村)とお互いについて語っている。

バカリズム コメント今回の「住住」では僕の仕事部屋を再現していて、置いてある物もほぼ同じなので、ある意味個人情報が丸出しです。日村さんとは20年以上の付き合いで、一緒に住んでいたこともあるので、こういう形で共演できることに感動しています。ちなみに当時一緒に使っていた椅子が今でも僕の作業場にあって、その実物を今回セットに置いています。前回に引き続き若林さんも一緒で、今回はお互いが結婚したこともあり、多少空気感が変わるかと思っていましたが特に変わりはなく、相変わらず同じようなやりとりをしています。今回、新しく加わった水川さんはこれまで何度もご一緒させていただいていますが、普段から明るくてなによりゲラなのでいつも現場を楽しい空気にしてくれます。今回の住住も、特に派手なことは起こりませんが、リラックスした気持ちで見ていただけるとうれしいです。

バナナマン日村 コメント僕はバカリズムの公式お兄ちゃんなんですよ! 3年くらい一緒に住んでいたし、付き合いが長いんです。ヒデ(バカリズムの本名=升野英知)がお金ないときにうちで居候してたんで、作業場を持つ日が来るなんてびっくりです。前回から出演している若林(正恭)よりも、ヒデのことはよく知ってるので、負けたくないな(笑)。そういえば、出演者みんな結婚してるんですよね。実際も仲が良いメンバーが集まって、こういう作品ができるのは楽しいし、ヒデの仕事部屋でワンシチュエーションで撮影するのも面白いので、クスッと笑いながら観ていただければなと思います。

水川あさみ コメントバカリさんの脚本のファンであり、「住住」のファンでもあるのでお話を頂いたときはとてもうれしかったです。バカリさんの脚本の作品には何度か参加させてもらっていますが、毎回楽しく演じています。今回も、こういう日常的になんでもない話やくだらないやりとりってするよなぁと何度も吹き出しました。ノンフィクションだけどフィクションというか、「これって演じてるの?どっちなの?」って思わせることができたら、ヨシッ!って感じですね(笑)。こんな日常の些細なことを延々とやるドラマってほかにはないと思います! ぜひ気楽にのんびり楽しんでいただきたいです。

小田玲奈プロデューサー コメント「住住」が大好きです。わざわざドラマにするまでもないようなことを、あえてドラマにする。例えば「誰かおならした?」「背中に手届く?」「コンビニじゃんけんしよう」…日常のこと過ぎて笑っちゃう、それがこのドラマの魅力。「特に何も起きない集まり」がまさかこんな尊いものになるなんて、脚本を作っているとき、撮っているとき、思いもしなかったです。日常の大切さを再確認する、今やる意味のあるドラマだと思います。

(c)NTV

最終更新:4/3(金) 5:00
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事