ここから本文です

<フジ生野陽子アナ>髪15センチカットで心機一転 「Live News it!」週末メインキャスターで出演

4/4(土) 9:00配信

毎日キレイ

 フジテレビの生野陽子アナウンサーが、4月4日から同局の報道番組「Live News it!」で土日のメインキャスターを務める。番組に本格出演する前に、髪を約15センチ切って「気持ちを入れ替えました」と心機一転を図った生野アナに、仕事への思い入れ、出産後の仕事復帰などについて聞いた。

【写真特集】ミディアムヘアがお似合い 生野アナの全身、美スタイルも!

 ◇アナウンサーは「最後のとりで」 責任感を胸に

 生野アナは福岡県出身。福岡大学卒業後、2007年に同局に入社した。アナウンサーを目指すきっかけは何だったのか。学生時代にある番組でお天気コーナーのアシスタントを務めた経験があり「アシスタントだったのですが、うまく話せないこともあり『もっとスキルアップしたい!』と思いました」と振り返る。

 

 入社当時に「自分より目上の人には必ずあいさつに行く」ということを先輩の姿から学んだ。今でもあいさつを大切にしていると話す生野アナは「アナウンサーは1人でさまざまな現場に向かい、さまざまな方に取材をさせていただきます。社会人としての基本中の基本ではありますが、より良いコミュニケーションをとるために、きちんとあいさつをするというのはとても大事なことだと思っています。人見知りなところがあるので、あいさつの一言だとしても、相手と言葉を交わすことができる大切なツールだと考えています」と、初心を忘れていない。

 番組の出演前には「発声チェック。滑舌の練習、肩や横隔膜の辺りのストレッチ」をルーティンとして行っている。アナウンサーが番組でニュースを伝えるという仕事は「最後のとりで」という意識を持っているといい、「記者の皆さんの取材の積み重ねが原稿という形になっているので、責任を持って伝えるようにしています。どのような背景があって、この原稿が書かれているのか。言葉の選び方、表現、スタッフといろいろと話し合って、放送に臨んでいます」と、常に真剣な思いで仕事に向き合っていることを明かした。

1/2ページ

最終更新:4/4(土) 9:00
毎日キレイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事