ここから本文です

ホンダとGM、新型EVを共同開発へ…GMの次世代プラットフォームとバッテリーを活用

4/3(金) 11:21配信

レスポンス

GMとホンダ(Honda)は4月2日、GMが開発した次世代グローバルEVプラットフォームと独自の「Ultium(アルティウム)」バッテリーをベースに、ホンダ向けの新型EV2車種を共同開発することで合意した、と発表した。

関連画像を見る

このEV2車種は、エクステリアとインテリアは、ホンダが独自にデザインする。ベースとなるプラットフォームも、ホンダらしい運転特性を実現する設計とするという。

GMとホンダの知見を持ち寄って開発されるこの新型EV2車種は、GMの北米の工場で生産され、2024年モデルから米国とカナダで販売を開始する予定だ。

GMとホンダはこれまでにも、燃料電池や2018年からはバッテリーモジュール開発、さらに2020年1月にサンフランシスコで披露した自動運転モビリティサービス専用車両「クルーズオリジン」の開発など、電動化分野で提携を行っている。

今回合意した新型EV2車種の共同開発において、ホンダは、GMのコネクテッドサービス「オンスター」のセーフティ&セキュリティ機能を、「ホンダリンク」に統合して活用する。また、いくつかの仕様においては、GMの先進運転支援技術も選択できるようになる、としている。

レスポンス 森脇稔

最終更新:4/3(金) 11:21
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事