ここから本文です

佐野勇斗×飯豊まりえW主演ドラマ『僕だけが17歳の世界で』、視聴者号泣の最終回が最高視聴者数を記録!

4/3(金) 22:24配信

エムオンプレス

■“ボクセカロス”のコメント続々! 早くも続編や映画化を望む声も!
佐野勇斗と飯豊まりえW主演をつとめる、AbemaTVの最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の最終回が、4月2日23時より放送された。

【画像】視聴者の涙を絞り取った、飯豊まりえ

最終回は、本ドラマの1話あたりの最高視聴者数を記録。多くのコメントが寄せられたことでTwitterのトレンドにもランクインするなど、大いに盛り上がりをみせた。

『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるというファンタジーラブロマンス。

■伊織がとった、驚きの行動に周囲に衝撃が走る!「伊織に惚れそう!」
何も言わずに芽衣たちの前から去った航太。芽衣は、最後に5人で撮った集合写真を頼りに街中を探しまわるが、航太を見つけることはできなかった。その後、伊織と入った店の窓から航太が歩く姿が見えた芽衣は、店を飛び出して必死に追いかけるが、「あれは航太じゃない」と伊織に引きとめられ、その場に泣き崩れる…。自分たちに何かできることがないかと頭を悩ます伊織たちだったが、この上なく落ち込む芽衣を見た伊織は、葛藤の末、覚悟を決め驚きの行動に出る――。

航太に似ている人を見かけて必死に追いかけるも、航太に会えない現実に改めて直面し泣き崩れる芽衣の姿に、視聴者からは、

「涙で画面が見えない」
「やばいくらいこっちまで涙出てくる」
「大切な人2回失うのはつらい」
「航太戻ってきてほしい…」

など、悲しむ声が多く寄せられた。

また、その後伊織が起こした驚きの行動に視聴者からは、

「伊織に惚れそう!」
「これはかっこよすぎる!!」
「まじで最高の仲間だな」

など、伊織を称賛する声が多く寄せられた。

■50年前に起こった“桜の木の奇跡”を知った航太。果たして彼が最後に出した答えは…?
芽衣たちのもとを去った航太は、以前、桜の木の下で出会った老人の家に身を寄せて過ごしていた。そんな中、伊織がとった行動をテレビで知り、驚いた航太は、伊織に電話をかける。伊織は、自分の気持ちに正直に従っただけだと話し、急に芽衣の前から去った航太に対して「芽衣は、7年間ずっと桜の木の下でお前のことを待ってる、いつまで待たせるんだ」と言い放ち電話を切った。さらに、老人から50年前に起こった“桜の木の奇跡”を聞いた航太は家を飛び出し――。

伊織の衝撃の行動を知った航太が伊織に電話をかけ、ふたりが電話越しで会話するシーンに視聴者からは、

「こんな友情憧れる」
「航太と伊織の友情最強説」
「伊織の本当の顔をようやく見れた」

など、“航太と伊織の絆に心動かされた”という声が多く寄せられた。

また、最終回放送終了後には、

「感動しっぱなしのラストだった」
「ずっと涙が止まりませんでした」
「言葉にならない気持ちで胸がいっぱい」
「鳥肌立ちまくりで、もはや自分が鳥になったんじゃないかと思った」

など“航太と芽衣が迎えた結末に感動した”という声が寄せられた。

さらに、

「週一の最大の楽しみが減ってしまった」
「ここまでハマったドラマは初めてだったのに…」
「ボクセカロス半端ないから、今からもう一回全部見返す」

など、早くも本ドラマの放送終了を悲しむ“ボクセカロス”の声や、

「続編やってほしい」
「連続ドラマは無理でも、年1回でいいからこのドラマがまた観られますように」
「映画化かDVD化希望!」

など、続編を待ち望む声も多く寄せられた。

「AbemaTV」オリジナルドラマ史上最速で100万視聴を突破した『僕だけが17歳の世界で』は、「Abemaビデオ」で全話配信中。SNS上で「毎話泣ける」と話題の、幼馴染の航太と芽衣が繰り広げる切なくもあたたかい恋模様をお見逃しなく!

番組情報
AbemaTV『僕だけが17歳の世界で』
放送日程: 毎週木曜23:00~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

見逃し配信URL
https://abema.tv/video/title/90-1342

『僕だけが17歳の世界で』番組URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/C3nLKqAYgzV7tB

『僕だけが17歳の世界で』番組公式Instagram(@sakura_neco17)
https://www.instagram.com/sakura_neco17/

最終更新:4/3(金) 22:24
エムオンプレス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事