ここから本文です

ランボルギーニ、自社工場で1日1000枚のマスク製造 地元病院に新型コロナ支援として提供

4/3(金) 21:15配信

ねとらぼ

 「アヴェンタドール」などのスーパーカーで知られるイタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が、自社工場でマスクを製造。地元ボローニャにある医療機関に提供すると発表しました。

【写真】ランボルギーニ・マスク

 ランボルギーニの発表によると、すでにクルマのインテリアとカスタマイズを担当する室内装飾部門で1日1000枚の外科用マスクを生産しているほか、複合素材を扱う製造工場と研究開発部門では3Dプリンタを活用して1日200個の医療用保護シールドを生産。イタリア・ボローニャにあるSant'Orsola-Malpighi病院に納品を行ってるそうです。

 マスクとシールドを製造するにあたって、ランボルギーニはボローニャ大学医療外科の協力を得ており、検証テストによって医療品としての品質チェックを満たしたうえで製造を行っているそうです。

 ランボルギーニは本社ビルをイタリア国旗をイメージしたライトアップを実施して、イタリア全土での意思統一を促しつつ、新型コロナウイルスによる危機に対する支援を行うと表明しています。

ねとらぼ

最終更新:4/3(金) 21:15
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事