ここから本文です

5月解禁へアユ放流 田辺市龍神の日高川

4/3(金) 16:35配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市龍神村を流れる日高川で2日、日高川漁協(日高川町松瀬)が人工産アユ約7万3千匹を放流した。

 5月1日から始まるアユ漁の早期解禁を前に、毎年放流している。

 日高川では今シーズン、4月から5月にかけて計120万匹以上を目標に放流する予定。

 2日に放流した場所は、龍神村柳瀬の桃の川橋から安井の飲食店「とおせんぼ」までの計3カ所。

 アユの体長はおよそ13センチ(約15グラム)。水槽を積んだトラックを橋の上に止め、水槽からホースを川面近くに伸ばしてアユを放った。

 放流に加え、海からさかのぼってきた稚アユを椿山ダムより下流で捕獲し、ダム上流まで運んで再び放つ「くみ上げ作業」も、早ければ来週から実施する。

 日高川のアユ漁の早期解禁は5月19日までで、20日から一般解禁となる。

紀伊民報

最終更新:4/3(金) 16:35
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事