ここから本文です

【ダービー卿CT】枠順確定!プリモシーンは4枠7番、レイエンダは3枠6番!過去10年で5勝もしているデータとは?

4/3(金) 10:25配信

SPAIA AI競馬

プリモシーンは4枠7番、レイエンダは3枠6番

4月4日(土)に中山競馬場で行われる ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII・芝1600m) の枠順が発表された。 昨年のヴィクトリアマイル2着馬のプリモシーンは4枠7番、ダービ、天皇賞秋を制したレイデオロの全弟レイエンダは3枠6番に入った。

過去10年のデータを見てみると、このレース53.5~55kgの斤量を背負う馬の成績が結構いい。なぜかというと、前走3勝クラスを使った馬の成績がいいのが関係している。だいたい前走で3勝を勝った馬はこれくらいのハンデが課せられる。

前走3勝クラスの馬の成績は【5.1.1.8】で勝率33.3%もある。5頭勝っているが、全て前走1着。今年該当するのは、トーラスジェミニとペプチドバンブー。どちらも人気があまりなさそうで面白い。

SPAIA編集部

最終更新:4/3(金) 10:25
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事