ここから本文です

元ラシン監督ファビオ・ラダエリ「ラウタロはメッシにとって理想の9番になるだろう」

4/3(金) 18:05配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

「あの子は素晴らしい頭脳を持っている」元ラシン・クラブ監督のファビオ・ラダエリは、ラウタロ・マルティネスのことをそう語る。

「2014年にラウタロがラシンの下部組織に入団したとき、カサ・ティタ(ラシンの選手寮)の責任者だったセシリア・コンタリーノから電話がかかってきたんだ。彼女は“この子がどんな選手かは知らないけど、このまえ実施した心理テストの結果は、カサ・ティタの歴史のなかで最高のものよ“と言っていた」

「それからしばらくして、ラウタロには次のような冗談を言ったことがある。“もしおまえの頭がアイデアで満たされれば、手に付けられない野蛮な選手になるだろう“と」

 ラシンの下部組織でゴールを量産している間、ラウタロは学校でも優秀な成績を収めていたという。「セシリアは常にラウタロをほめていた。監督にとってもうれしいことだよ。賢い選手のほうが良いからね。ラウタロには知性があふれているんだ」

-メッシとプレーするには賢くなければいけないと思います

「メッシも賢い選手だからね。もしエリア内で上手く動けなかったら、ハハハと笑われてしまうだろう。彼はいつも信じられないようなパスを出してくるので、常に注意を払わなければいけない。オフサイドに気をつけながらね」

-ラウタロはメッシの素晴らしいパートナーになれますか?

「もちろん。ラウタロはメッシにとって理想の9番になるだろう。彼の特徴はメッシのプレーにぴったりはまる。例えばエリア内のラウタロの動きはスアレスに似たものだ。マークを外してパスを受けることろがね」

-メッシが代表でラウタロを望んだもの当然ですね

「必然的なことさ。ラウタロは23歳にして、すでにラシンやインテルという2つのビッグクラブでプレーしている。今はバルサ、マドリード、シティから興味を集めている存在だ。そのまえにはドルトムントの話もあったね。ラウタロはビーストだ。メッシは彼を使う方法を知っている」

執筆者:Enrique Gastanaga

最終更新:4/3(金) 18:05
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事