ここから本文です

プロ野球開幕は最短で交流戦初戦5月26日か…143試合から削減必至もCSは12球団で開催希望

4/3(金) 21:13配信

中日スポーツ

 プロ野球の開幕は白紙に―。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)は3日、東京都内で12球団の代表者会議を開き、「4月24日開幕」を断念することで正式に合意した。悪化する情勢を踏まえ、新たな開幕日の設定は先送り。143試合からの試合数削減は決定的になった。

 しかも、現時点では今季のスケジュールは全体像も詳細も“白紙同然”だ。チーム活動の一斉休止を見送ったことを考えると、かなり希望的に見て「5月26日」の交流戦初戦が開幕の最短候補になるだろう。少なくとも、すでに決まっている試合日程は原則として変更されることはない。

 日本シリーズは11月21日開幕で固定する見通しで、7月の球宴も予定通り。斉藤コミッショナーは「シーズンの価値を損なわないようにしたい」と143試合から削減する場合にも必要最小限に抑えたい考えを示す。

 クライマックスシリーズ(CS)については12球団内に開催希望もあるとみられ、セとパで方式が異なる可能性も出てくるかもしれない。いずれにしても「(何を)どう削るかはこれから」(NPB・井原事務局長)という段階だ。

最終更新:4/9(木) 11:09
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事