ここから本文です

ブルース・スプリングスティーンの名曲が胸を打つ…『サンダーロード』公開決定&予告解禁

4/3(金) 12:00配信

Movie Walker

米映画界の新鋭、本作が初の長編監督作品となる新鋭、ジム・カミングスが監督、脚本、編集、音楽、主演の5役をこなし、2016年のサンダンス映画祭で短編グランプリを獲得した同名作を長編映画化した『サンダーロード』が、6月19日(金)に公開されることが決定した。

【写真を見る】『サンダーロード』で監督・脚本・編集・音楽・主演の5役をこなすジム・カミングス

本作は、妻と別居中、仕事も空回りでトラブル続きの警察官ジムが 、親権争いの渦中にいる幼い娘との距離感に苦しみながらも、親子の関係を築いていくという切なくも心温まる物語。アメリカを代表するロックミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンの名曲「涙のサンダーロード」がストーリーの起点となり、映画タイトルの由来にもなっている。

前述の短編『Thunder Road(原題)』は、愛する母の葬儀で悲しみに暮れる警察官ジムが、娘のラジカセで母の敬愛したブルース・スプリングスティーンの「涙のサンダーロード」を流しながら踊るという、わずか1テイクで撮られたコメディタッチの12分の短編。同作がサンダンス映画祭で大きな支持を獲得し、長編化した本作も、2018年にSXSW映画祭でグランプリを受賞するなど世界中の映画祭で13冠に輝いている。短編に続き主演を務めるジムに加え、『ローガン・ラッキー』(17)のメイコン・ブレアや、『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のビル・ワイズらが出演する。

公開決定とあわせ、予告動画も解禁。さまざまなトラブルに振り回されつつも不器用で人間味あふれる、ジムのキャラクターが垣間見える内容となっている。また、短編『Thunder Road』も期間限定で公式サイトなどで視聴可能(日本語字幕なし)。本作の公開前にこちらもぜひチェックしてほしい。(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:4/3(金) 18:26
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事