ここから本文です

シェフチェンコが古巣への愛情を吐露…「赤と黒、その色はいつも私の心に」

4/3(金) 19:15配信

超WORLDサッカー!

ウクライナ代表監督を務めるアンドリー・シェフチェンコ氏が、古巣への愛情を語っている。ミランの公式ツイッター(@acmilan)がシェフチェンコ氏へのインタビュー動画を投稿した。

【動画】シェフチェンコがミラン時代に魅せたベストゴール!

母国の名門ディナモ・キエフで育ったシェフチェンコ氏は、1999年にミランに移籍すると、初年度からリーグ32試合24ゴールでセリエA得点王に。また、2003-04シーズンにも24ゴールで得点ランクのトップに立ちスクデットをもたらすと、元ポルトガル代表MFデコ氏や元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏らを抑え、その年のバロンドールを受賞していた。

シェフチェンコ氏は、2006年7月にチェルシーへ移籍するまでミランでプレー。その後、レンタルで1年在籍し、合計8シーズンプレーした現役時代について語り、ミランへの愛情を口にした。

「赤と黒、それらの色はいつも私の心の中にある。赤と黒のクラブは私に多くを与えてくれた。クラブは私をUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の勝者にし、私がサッカーですべてを達成することを助けてくれた」

「ミランは移籍する2年前から私を追いかけ続けてくれたし、当時のイタリアのサッカー人気は非常に高かった。特に、ユベントス、ミラン、ローマ、ナポリのようなチームは、その時期に際立っていて最高の選手がいたね」

「私は22歳で、自分のキャリアの次のステップとして、最も過酷なリーグで自分を試し、世界で最高のチームと対戦する準備をしていたんだ」

初年度から結果を残したシェフチェンコ氏だったが、初のイタリアでのプレーは最初は苦労したと告白。後に日本代表でも指揮を執る、当時の指揮官アルベルト・ザッケローニ監督も助けになったと語った。

「最初から順応するのは簡単ではなかった。当時の監督であるアルベルト・ザッケローニは、クラブの良いスタートに大きな役割を果たしてくれた。彼はスマートで非常に優れた監督だった。彼が徐々に適応させてくれたので、スターティングメンバーにいつも参加したわけではなかったけど、特長を示し、徐々に自信をつけていった」

「非常に状態が良く、デビューシーズンにセリエA得点王になった。もちろん幸せだったけど、チームで何かを勝ち取りたいと思っていた。2年目のシーズンは監督が交代したこともあり、とても難しかった。それでも素晴らしいシーズンを送ることができ24ゴールを記録できたけれども、我々は何も勝ち取れなかった」

加入から2シーズンは個人としての結果を残したもののチームとしてのタイトルを獲得することができず。その後、チャンピオンズリーグを制していたが、セリエAを制したのは1度だけに終わっていた。

「スクデットを獲得した2003-04シーズンは、ユベントス、ミラノ、ローマの争いだった。シーズンの途中で、私たちはローマに勝ち点差7か8をつけられていたから、ローマでの勝利は非常に重要であり、1カ月の間に勝ち点差1まで差を縮めた」

「スクデットのライバルであるローマ戦、ホームのサン・シーロでスクデットを獲得したのは、本当に忘れられない日だ。素晴らしいチームをファンがスタジアムで祝う姿を見ることがいかに特別だったかを覚えている。間違いなく、私のサッカー人生の最高の瞬間の1つだ」

また、そのシーズンに獲得したバロンドールのトロフィー、そしてミラノの人々との関係についても思いを語っている。

「特に、次のホームゲームのサン・シーロで、ミランファンの前で手渡されたときは、とても感動的だった。彼らの姿は忘れられない」

「ミラノは私の第二の家なので、そこで過ごした私の8年間は、イタリアの人々との距離を縮めた。私はイタリアでの勝利やタイトルを思い出すが、何よりもイタリアの人々やファン、特にミラノの人々との関係を思い出すよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:4/3(金) 19:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事