ここから本文です

<新型肺炎>学校再開、埼玉県内市町村の対応 熊谷は8日に入学式、13日再開 戸田は6日に発表

4/4(土) 8:26配信

埼玉新聞

■熊谷市
 13日に再開。8~12日は臨時休校。再開に先立って8日に新入生と保護者、教職員で入学式を行う。

■秩父市
 予定通りに市立小中学校は8日、市立幼稚園は9日から再開する。
 8~10日に予定されている小中学校の入学式や幼稚園の入園式は、保護者の参列を各家庭2人以内とし、事前に配布している健康観察カードを忘れた人や記録のない人は入場を断る。学校給食も予定通りに実施するほか、部活動は13日から再開予定で、対外試合は当面の間中止とする。

■川越市
 市立の小・中学校、特別支援学校、市立川越高校を13日から再開予定。8日に入学式と始業式を行い、9~12日まで臨時休業した後に再開する。
 小中学校は休業中の9日を登校日にして、教科書の配布などを行う。小中学校と特別支援学校の給食は13日から再開。入学式は新入生と保護者1人、教職員で行い、市立川越高校については保護者は別室で待機してもらい、式には新入生と教職員のみ列席する。今後の感染状況によっては変更の可能性もある。

■東松山市
 すでに4月1日から学校(16小・中学校)の教育活動を再開。8日の始業式、入学式は予定通りに実施し、9日、10日は「検討中で週明けの6日に決めたい」(市教委)としている。入学式は感染予防対策を徹底、縮小して実施の予定。

■富士見市
 小中学校と特別支援学校は8日から12日まで臨時休校とし、8日は1日登校日として、入学式と始業式を各校で開催する。新学期の再開については「今後の国や県の動向を踏まえて決定する」としている。
 入学式は参列者を新入生と保護者1人、教職員だけに制限。始業式は各学級単位で工夫して実施。9日と10日は、児童生徒らが自宅で一人で過ごせない場合、小学校低学年(1、2年生)と特別支援学級、特別支援学校の児童、生徒を対象に各学校で受け入れる。

■戸田市
 結論を持ち越し、6日に発表。始業式と入学式は8日に簡略化して行う。

■蕨市
 13日から再開。始業式と入学式は8日に簡略化して行う。
 小集団での話し合いは減らし、教科書の音読や音楽の合唱もマスク着用でする。窓を開放し教室の換気に気を付けるなど感染防止に努めながら学校生活を送るよう求めている。

1/2ページ

最終更新:4/4(土) 8:26
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事