ここから本文です

【大阪杯】「直近1年」の複勝回収率142.5%!「松永幹夫厩舎×M.デムーロ騎手」のラッキーライラック/データ分析(ゴールデンコンビ編)

4/4(土) 16:30配信

netkeiba.com

【松永幹夫厩舎×M.デムーロ騎手(ラッキーライラック)】

 今年の大阪杯、「ゴールデンコンビ」という観点からはなかなか難解な一戦だ。騎乗馬との実績は十分であっても、厩舎との相性という点に目を転じると、回収率が100%を大きく下回っているような馬券妙味の薄いコンビが多いのだ。もちろん、騎乗馬自体とは手が合っているので、あっさりと好走する可能性は高いのだが…。

【写真】ラッキーライラックこれまでの軌跡

 そんな中で、馬券妙味という点でも面白そうなのが「松永幹夫厩舎×M.デムーロ騎手」のコンビ。「直近5年」では9-5-5-23で複勝率45.2%、複勝回収率91.0%という数字が残っている。「直近1年」に絞ると0-2-3-3で複勝率62.5%、複勝回収率142.5%。勝ち星こそないものの好走率は優秀で、5回の馬券絡みがいずれも2番人気以下というのも魅力的だ。

 M.デムーロ騎手は前走からラッキーライラックの手綱を取っており、その前走・中山記念ではしっかり2着と連対を確保した。ダノンキングリーに0.3秒差はつけられたものの、使った上がり34.2秒は同じ。乗り方ひとつ、展開ひとつで逆転まであっていいだろう。

最終更新:4/4(土) 16:41
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事