ここから本文です

<大貫勇輔>「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」 神戸大助との共通点は貴族風で天然? アニメ声優初挑戦 宮野真守に感謝も

4/5(日) 10:10配信

MANTANWEB

 筒井康隆さんのミリオンセラー小説『富豪刑事』(新潮文庫)を原作とし、現代を舞台に新たなストーリー、新たなキャラクターも加わって生まれ変わったテレビアニメ「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」が、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」ほかで4月9日にスタートする。主人公・神戸大助を演じるのは、ダンサーで俳優の大貫勇輔さんだ。大貫さんはアニメ声優初挑戦で、オーディションから「絶対やりたい!」と思っていたという。その思いや、相棒の加藤春役を演じる宮野真守さんとのアフレコの様子、作品について聞いた。

【写真特集】富豪刑事、神戸大助が格好いい! 筒井康隆の名作がアニメに 注目カット一挙紹介

 ◇オーディションから「めちゃくちゃ気合が入っていた」

 「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」は、桁外れの資産を持つ主人公・神戸大助が、型破りな方法で大胆に事件を解決する姿を描く。大助が、警視庁で問題を起こした人間だけが送り込まれる現代犯罪対策本部準備室に赴任。情に厚い加藤春とバディーを組むことになり、2人でさまざまな事件と謎に挑む。

 大貫さんは、10代の頃からプロダンサーとして活躍し、近年はドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)、「グランメゾン東京」(TBS系)などに出演し、注目されている。今回のオーディションを受けた際のことを「『初めてのアニメの声優』と思った時に、『絶対やりたい!』とすごく思ったんです。僕がどこまでできるのか分からないけど、新しいことに挑戦するのって楽しいじゃないですか」と笑顔で振り返る。

 オーディションの段階で「めちゃくちゃ気合が入っていた」といい、声優のレッスンを受けて臨み、神戸大助役が決まった。大助は、大富豪・神戸家の御曹司だ。

 「『お金で何でも解決できるでしょ』と思っているタイプ。あと、ものすごくマイペース。天然というか、ちょっと抜けている部分があるというか、世の中を知らないで生きている。そこが可愛さでもあるんですけどね」

 大貫さんは、これまでドラマなどで演じてきた役のイメージも相まって、大助のように気品ある雰囲気だが、自身と大助の共通点は「ほぼない」と話す。

1/4ページ

最終更新:4/5(日) 10:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事