ここから本文です

やさしいクラブの時代だからこそ気にしたい“フェースプログレッション”の話

4/4(土) 18:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

クラブを選ぶ時に「ストレートが構えやすい!」「グースの方が安心!」など構えた見た目にこだわる人は多い。見た目に大きな影響を与えるのがフェースプログレッションの数値だが、実はこれは性能にも大きく関わってくる。フェースプログレッションについて知っておくべきことを、ギアライター・高梨祥明が解説。

アイアンショットのディロフトにも関係。ロフト+F.P.でインパクトを考えたい。

ゴルフクラブを見るときに意外に軽視されていると感じるのが、フェースプログレッション(以下F.P.)の具合である。F.P.とはシャフトの中心軸からリーディングエッジまでの距離(単位:ミリ)のこと。数値が小さければオフセット(いわゆるグース)、大きければオンセット(いわゆる出っ歯)となる。

F.P.の大小によってクラブを構えた時の見え方が大きく変わるため、「ストレートが構えやすい!」「グースの方が安心!」などと感覚的なところが重要視されるが、気にしたいのはF.P.の違いでインパクト状況がどう変わるのか? である。

以前、取材でミズノテクニクス(通称:養老工場)のクラフト部門を訪れたときにアイアンマイスターの野村武志氏がこう言っていたのを思い出す。

「プロが最も気にするアイアンのポイントは“フェースプロ”(F.P.のこと)ですね。ここが変わると構えた時の見え方が変わるだけでなく、打ち出し角度や打点、打ち出し方向まで変わってきてしまうんです。逆にいえば“フェースプロ”を調整してあげれば、いくらでも出球はコントロールできる、ということです」(野村氏)

このためミズノのクラフト部門ではフェース形状とともにF.P.の傾向をプレーヤーごとに把握。ニューアイアンを渡す時も、必ずF,P.とライ角を調整したものでテストしてもらうのだという。

シャフトの中心軸とリーディングエッジが重なった状態が、いわゆるストレート(F.P.値±0)。それよりもリーディングエッジが前に出ていたらはF.P.値はプラスとなり、インパクトではそのぶん早くヒットすることになる。リーディングエッジが後方に下がって(F.P.値マイナス)いれば、逆にインパクトは遅くなる。つまり、F.P.値次第でヒットするタイミングが変わり、それによってフェースの向き、インパクトロフト、そして打点が変わってしまう、というわけだ。

最新スウィングではインパクトでのディロフト(ロフトが立って当たる度合い)が注目されているが、F.P.はこの最適インパクトの実現のために、欠かせない重要なスペックである。

1/2ページ

最終更新:4/4(土) 18:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事