ここから本文です

【新型コロナ】部活制限付き6日再開 「3密」避け、平日のみ 千葉県立学校

4/4(土) 11:31配信

千葉日報オンライン

 千葉県教委は3日、新型コロナ対策の休校に合わせて中止していた千葉県立学校(高校など)の部活動を、平日のみといった条件付きで6日から再開すると発表した。学校の6日再開に伴う措置。今月中は運動部活動の接触プレーや楽器の演奏など感染リスクのある活動は控え、下校完了時間の午後4時半までの時間内で実施。対外試合や演奏会は中止する。休校が延長された香取、海匝地域では学校再開まで部活動も行わない。

 千葉県教委によると、体調不良の生徒が参加しないよう、開始前に体温を測るなど体調の確認を行う。「密集」「密接」「密閉」のいずれかに当たる活動は避けるよう通知。柔道の寝技、ラグビーのスクラム、サッカーやバスケットボールの接触プレーがこれに当たるという。練習内容は各顧問の判断となる。

 体育館での密集を避けるため、複数の部活動が同時に練習を行わないようにし、窓を開けて換気する。文化系の部活動についても、合奏や演技を大人数で行わず、個人や少人数で練習をするよう求めた。

 各私立学校にも千葉県立校の対応を周知した。学外のチームに所属する生徒については各チームや個人の判断に委ねる。沢川和宏教育長は2日の記者会見で「部活動を頑張っている生徒の気持ちは痛いほど分かるが、今は重大な局面。できる活動を考えて取り組んでもらいたい」と理解を求めていた。

 千葉県教委は3月23日と31日に、春休み中の部活動禁止を重ねて通知していた。

最終更新:4/4(土) 12:00
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事