ここから本文です

C・ロナウドの名前を冠する国際大会がコロナの影響で中止

4/4(土) 12:37配信

SPORT.es

ポルトガル領マデイラ諸島の都市フンシャルに本拠地を置くサッカークラブ、CDナシオナルは、2020年6月25日から28日までマデイラ競技場で開催を予定していたクリスティアーノ・ロナウド・キャンパス・トーナメントの中止を発表した。

C・ロナウドの息子が58ゴールと爆発!父親譲りの得点力を発揮

CDナシオナルは、7歳から13歳までの若いサッカー選手を対象とした第3回目の大会を中止することを決定。この大会はユヴェントスのストライカーが10歳の時にアンドリーニャから、12歳でスポルティングCPに加入する前にサッカーの舞台に立ったことにちなんで名付けられた。

マデイラに本拠を置くクラブは声明で、「社会、金融、スポーツの不安定さ、世界が直面しているデリケートな瞬間を理由に中止が最も適切である」とし、「2021年に再開したい」という願望を表明した。

昨年の前回大会では、クリスティアーノの息子クリスティアーノ・ロナウド・ジュニアがユヴェントス共に出場し、国内外で大きな話題を呼んだ。

SPORT

最終更新:4/4(土) 12:37
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事