ここから本文です

仕事・遊び・制作さまざま、NVIDIA Geforse搭載ノートPCが100モデル以上

4/4(土) 14:00配信

BCN

 米NVIDIAは現地時間の4月2日、全世界のOEMパートナーが100モデル以上の薄く軽く高速なノートPCを投入し、その全てにノートPC向けの「GeForce RTX 2080 SUPER」と「GeForce RTX 2070 SUPER GPU」を含むNVIDIA GeForce GPUが搭載されていると発表した。



 GeForce RTX 2080 SUPERとGeForce RTX 2070 SUPER GPUは、レイトレーシングとAIをリアルタイムで処理する、専用のハードウェアコアが組み込まれた「NVIDIA Turing」アーキテクチャをベースにしており、ゲームやコンテンツ制作アプリケーションのパフォーマンスと視覚的忠実度を向上する。

 これらのNVIDIAのGPUを搭載するノートPCの多くが、モバイルプラットフォームで高いパフォーマンスと効率性を実現する「NVIDIA Max-Q」テクノロジーで構成されている。

 NVIDIA Max-Qは、高いパフォーマンスを維持しつつ、バッテリ駆動時間を向上する機能として、フレームごとにGPUとCPUの間の電力をインテリジェントで自動的に調整。ゲーム全体のパフォーマンスを向上する「Dynamic Boost」、メモリの効率性を高めつつ、高いパフォーマンスを実現する低電圧「GDDR6メモリ」を導入している。

 さらに、どのGPUでディスプレイを駆動させるのかを制御し、適切なタイミングで作業負荷に最適なGPUをインテリジェントに判断し、システムを再起動することなくGPUを瞬時に切り替える「Optimus」、次世代の電圧レギュレーターによるGPUの効率的な動作および全体的なパフォーマンスの向上、ゲームプレーのためのパフォーマンスに余裕を生み、レイトレーシングの設定を最大化しながら出力解像度の向上や、バッテリ駆動時間を延長する「ディープラーニング スーパーサンプリング 2.0」といったテクノロジーも提供する。

 そのほか、Acer、Gigabyte、MSI、Razerからは、NVIDIA RTX SUPER GPUと、最新のインテル第10世代プロセッサを搭載したノートPC10機種が発売される。「Adobe Premiere Pro」「DaVinci Resolve」「Autodesk Arnold」「Blender」など、45以上のクリエイティブアプリケーションが、RTX GPU内のRTコアによるRTXアクセラレーションに対応している。

最終更新:4/4(土) 14:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事