ここから本文です

ラツィオ、ルーカス・レイバが右ヒザの手術を実施か? リーグ再開時に復帰の見込み

4/4(土) 19:30配信

超WORLDサッカー!

ラツィオに所属する元ブラジル代表MFルーカス・レイバが4日に右ヒザの手術を受けたようだ。イタリア『SololaLazio』が報じている。

『SololaLazio』が伝えるところによれば、以前から右ヒザに慢性的な問題を抱えていたルーカス・レイバは、半月板と軟骨をきれいな状態にするための手術をクラブドクターの下で受けたという。

現時点で離脱期間に関しては約1カ月程度が見込まれている。だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でセリエAの再開に関して“安全が確保された場合のみ”と、事実上の無期限での延期が決定しており、再開は早くても5月下旬となる見込みだ。

そのため、同選手はセリエA再開までに復帰が可能となるようだ。

2017年のラツィオ加入以降、中盤の底で攻守のバランサーとして抜群の安定感を見せるルーカス・レイバは、今季もここまでセリエA22試合に出場している。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/4(土) 19:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事