ここから本文です

2009年のF1王者バトンがバーチャルGPで古巣マクラーレンに復帰「爆笑モノになりそう…。皆さんお手柔らかに!」

4/4(土) 7:41配信

オートスポーツweb

 今週末行われるF1 Eスポーツ・バーチャル・グランプリ第2戦に、2009年のF1チャンピオンであるジェンソン・バトンが参加することが明らかになった。バトンはマクラーレンに復帰し、オーストラリアGPの舞台アルバートパーク・サーキットを走行する。

F1公式バーチャル・オーストラリアGPでバトンのチームメイトとなるランド・ノリス(マクラーレン)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開幕が延期されるなか、F1はファンを楽しませるために、現役F1ドライバーも参加する公式バーチャルGPシリーズを開始。本来グランプリが予定されていた週末に、公式ゲーム『F1 2019』を使ったレースを開催、その模様をライブ配信している。

 4月5日にはベトナムGPが開催されるはずだったが、2020年初開催のグランプリで『F1 2019』には存在しないため、代わりに中止されたオーストラリアGPのコースでレースが行われる。

 現役F1ドライバーとしては、フェラーリのシャルル・ルクレール、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボン、ウイリアムズのジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィ、マクラーレンのランド・ノリス、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィの参戦が決まっている。

 そして今回、バトンがノリスのチームメイトとして古巣マクラーレンから出場することが明らかになった。バトンは2010年から2017年までマクラーレンに所属していた。

 バトンは4月30日、フェルスタッペンやノリスが活躍するTeam Redline主催のeレースシリーズ『Real Racers Never Quit』に出場し、バーチャルレースデビューを飾ったが、このレースではわずか2周しか走行せずに終わった。

 ノリスはこの時のバトンについて、ほとんど経験がないにもかかわらず、ゲームに慣れた自分たちと比べても「とてもうまかった」と語っている。

「彼は先日iRacingのレースに出た時、ものすごく速かった」とノリスが述べたとSky Sportsが伝えた。

「練習時間はほとんどなかったはずなのに、とてもうまかったよ。日曜のレースでは彼がキープレイヤーになるかもしれないと思っている」

「ゲームはそれぞれ違うから、慣れるのは簡単ではない。クルマを走らせるという面では同じでも、プログラム、マシン、サーキットによって、必要な秘訣とこつが全く違うんだ」

 バトンは「次のバーチャル・グランプリに出る羽目になった」とSNSを通してコメントした。バトンはSky SportsでF1解説者を務めており、そのSky Sportsは今回のF1公式バーチャル・グランプリの生放送を行うことが決まっている。

「爆笑モノになりそうだ。初心者だから、皆さん、お手柔らかに」とバトンは、現役F1ドライバーたちに呼びかけた。

 このバーチャルレースはF1.com、F1 YouTubeチャンネル、Facebook、Twitchを通して、UTC 4月5日日曜19時(日本時間6日月曜4時)から約1時間30分にわたり行われる予定となっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/4(土) 7:43
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事