ここから本文です

信頼維持で発展後押し 北陸電力送配電の水野社長

4/4(土) 1:30配信

北國新聞社

 北陸電力の一般送配電事業を引き継いだ北陸電力送配電の水野弘一社長は3日、新任あいさつで北國新聞社を訪れ、温井伸社長と懇談した。水野社長は高度経済成長期に造られた電柱などの設備更新を課題に挙げ「設備の信頼度を維持し、電力の安定供給を通じて北陸の発展を後押ししたい」と抱負を述べた。

 北陸電力送配電は、電気を家庭や工場に届ける託送料金を収益源とする。水野社長は「国内で最も安い託送料金を武器に、電力需要を呼び込んでいく」と話した。須河元信副社長、木村博喜執行役員石川支社長が同行した。

北國新聞社

最終更新:4/4(土) 1:30
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事