ここから本文です

老舗旅館・鳳明館の「文豪缶詰プラン」で、締切間近の文豪の気持ちを体験!

4/5(日) 6:50配信

ニッポン放送

ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」(3月29日放送)では、「東京・本郷の老舗旅館、鳳明館が企画した『文豪缶詰プラン』。これであなたも作家気分?」というトピックスを紹介した。

「東京大学」がある文京区本郷は、かつて日本を代表する文豪たちが暮らした町として有名である。また昔は「一大旅館街」であり、東大生などの学生が多かったため、当時の旅館は「下宿屋」も兼ねていたという。

いまでは数えるほどになってしまった老舗旅館の1つ、「鳳明館」が面白い宿泊プランを企画している。その名も「文豪缶詰プラン」。不定期で行われていたが、第2弾の予約を開始したところ、何と1日足らずで埋まってしまったという。

一体どんな宿泊プランなのか? 「鳳明館」の団体・イベント担当である海津智子さんに、立川晴の輔が話を伺った。

晴の輔:「文豪缶詰プラン」は、具体的にどんなプランなのですか?

海津:基本的には、お客様に「先生として『作品が仕上がるまで宿から出られない』という缶詰」を体験していただくのが、プランの内容になります。

晴の輔:宿から出てはいけないのですか?

海津:作業が終わるまで出られない、強制的に作業せざるを得ない状況を作るのが、「文豪缶詰プラン」です。「こもって読書をしたい」という方もいらっしゃるので、オプションとして別につけているのが『担当編集チーム』。もちろん編集者の偽物なのですけれども、ご希望の方には電話や、お客様と廊下ですれ違ったときに「先生、進捗はいかがですか? 遊んで終わりですか?」と聞くプランもございます。

晴の輔:「編集チーム役」をやってくれる人がいるのですね。

海津:1人の担当者というよりも、2~3人ぐらいのチームでサポートしております。「この期間で作品を10個書く」などの、わかりやすいゴールをお互いに共有しておいて、合間に「いまどれぐらいですか? 半分行っていますか? 残りの時間で終わるのですかね?」などとサポートさせていただきます。

1/3ページ

最終更新:4/5(日) 6:50
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事