ここから本文です

【大阪杯の見どころ】GI馬5頭、前哨戦優勝馬など好メンバーの中距離GI

4/5(日) 8:48配信

netkeiba.com

 初GIタイトルを狙うダノンキングリーやグランプリホース・ブラストワンピースなど、今年も楽しみなメンバーが集まった。制するのは果たしてどの馬か。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】ダノンキングリーこれまでの軌跡

■4/5(日) 大阪杯(4歳上・GI・阪神芝2000m)

 ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)は今年の始動戦となった中山記念を好位から抜け出す競馬で完勝。重賞3勝目を飾った。GIは未だ無冠だが、これまでのレースぶりからして手の届く位置にいるのは間違いない。ここで念願のGI初制覇なるか。

 ブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)は前走のAJCCを貫録勝ち。11着に敗れた凱旋門賞以来の休養明けだったが、地力上位を示す盤石の内容だった。その後の調整も順調で、1番人気で6着に敗れた昨年の雪辱を果たす準備は着々と進んでいる。

 ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は昨年のエリザベス女王杯で復活の勝利を飾り、続く香港ヴァーズでも2着と活躍。前走の中山記念は2着に敗れたが、勝負所でもたついたのは休み明けの分もあったか。一叩きしたここで改めて期待したい。

 その他、始動戦の京都記念を快勝したクロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)、昨年のジャパンCで3着のワグネリアン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、昨年5連勝でチャレンジCを制したロードマイウェイ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)、京都記念で3着のステイフーリッシュ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:4/5(日) 8:48
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事