ここから本文です

30年の歳月を表現する特殊メイクの裏側も!中国映画『在りし日の歌』メイキング

4/5(日) 18:00配信

cinemacafe.net

“一人っ子政策”が進む1980年代から30年の時を共に重ねた夫婦の物語を描いた『在りし日の歌』。この度、中国映画界の名匠ワン・シャオシュアイ監督のロケハンや撮影の様子、特殊メイクの裏側までもとらえた貴重なメイキング映像が到着した。

【画像】移りゆく中国をとらえるため、ロケハンにもこだわったという


ジャ・ジャンクーやロウ・イエ、ワン・ビンなどと並び、中国第6世代を代表するワン・シャオシュアイ監督の最新作となる本作。改革開放後、“一人っ子政策”が進む1980年代、経済成長をとげた1990年代、そして2010年代と、ある2組の家族の姿を通して、約30年間の中国社会が辿ってきた激動の時代が描かれていく。

今回公開されたメイキングでは、キャスト、スタッフが一同に介するクランクインから、衣装合わせ、そして特殊メイク風景などが次々に映し出される。主演のワン・ジンチュンとヨン・メイは夫婦の30年に渡る歳月を演じきり、第69回ベルリン国際映画祭最優秀男優賞&女優賞をW受賞した。


また、美しいロケーションは本作の見どころのひとつ。中国南部から北部まで、撮影地探しにこだわったという監督は「南北の距離を定めて撮影地を探しました。本作では、シーンによって空間が変化することが必要でした」と明かしており、メイキング映像でもその一端を垣間見ることができる。

名匠とスタッフ、キャストが一丸となって作り出した本作。世界中の映画祭で高い評価を得た理由が、本映像からも伺い知ることができる。

『在りし日の歌』は角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開中。

シネマカフェ text:cinemacafe.net

最終更新:4/5(日) 18:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事