ここから本文です

国技館の南門前から電話で取材 感染予防徹底で朝稽古取材の自粛を要請

4/5(日) 7:30配信

デイリースポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大相撲夏場所(5月24日初日、両国国技館)などの2週間延期決定から一夜明けた4日、大関貴景勝(23)=千賀ノ浦=と新大関朝乃山(26)=高砂=が思いを語った。日本相撲協会は報道陣に対し、濃厚接触を避けるための措置として、この日から朝稽古取材の自粛を要請。両大関は報道陣の電話による代表取材に応じた。

【写真】夏場所が2週間延期…八角理事長「中止含め柔軟に対応」

 この日は午前11時に報道陣は両国国技館南門前に集まり、稽古後に代表者が電話で取材した。協会も職員の出勤を制限するなどし、感染予防を徹底していく。

最終更新:4/5(日) 8:57
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事