ここから本文です

「ここまで描けるのか」「本当にきれい」 “色鉛筆で描かれた猫”に驚きの声

4/5(日) 21:05配信

ねとらぼ

 色鉛筆画家の音海 はるさんが、猫ちゃんの色鉛筆画をTwitterに投稿しました。絵とは思えないモフモフ感といきいきとしたかわいさに、注目が集まっています。

【画像】猫ちゃんの絵

 凛とした横顔を見せる猫ちゃんは、音海 はるさんによって全て色鉛筆で描かれたもの。毛並みの1本1本の質感や、宝石のような美しい瞳はまるで写真のようなリアルさ。今にも「にゃー」と鳴いて動き出しそうです。

 Twitterには、絵の制作過程も投稿されています。音海 はるさんは下描きが終わったら、印象的な目から描いていくとのこと。瞳にうつる景色まで細かく描かれており、光の加減が絶妙です。緑と黄色、青が混ざった色合いもとても美しい……!

 瞳を描き終えたら、顔の下半分から描いていきます。伸びたひげの質感や、さまざまな色がまざった毛並みを見事に表現。首のたっぷりとした真っ白な毛は、絵と分かっていてもモフモフしたくなってしまいますね。

 ピンと立った耳を描き、背景の深い黒を仕上げたら完成です。近くで見ると、毛の1本1本が細かく丁寧に描かれていることが分かります。絵だといわれても、何度も見てしまう……。

 投稿には「写真にしか見えない!」「職人技ですね」「見ればみるほど細かい」など、そのテクニックと猫ちゃんの美しさに魅せられたコメントが集まっています。

 音海 はるさんはこれまでにも、絵とは思えない猫の色鉛筆画が話題になっています。

 音海 はるさんは「新型コロナウイルスの感染拡大が進んでいるので、不要不急の外出は避け、皆さんにも家での生活を大切にして欲しいですね。こんな時だからこそ自宅での制作活動を楽しんで、作品を見て下さる方に少しでも癒やしを与えられるよう頑張りたいです」と語ってくれました。Twitterアカウントには、かわいい表情をする猫ちゃんの絵の他にも、ワイルドな虎の絵も投稿されています。

画像提供:音海 はる(@huwahuwa1_25)さん

ねとらぼ

最終更新:4/6(月) 5:04
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事