ここから本文です

日テレ・佐藤真知子アナ、所ジョージ&桝太一の“金言”胸に飛躍誓う「人間力を磨きたい」

4/5(日) 12:00配信

オリコン

 日本テレビの番組を新しい切り口で紹介する番組『イントロ』が、5日深夜よりスタート(毎週日曜深1:25~1:40 月~木 深0:54~0:59)。初回は、コピーライターの渡辺潤平氏をゲストに迎えて、新番組『有吉の壁』のキャッチコピーを考えていくが、MCは同局入社5年目の佐藤真知子アナ(26)が務める。

【写真】MCの有吉弘行とアシスタントの佐藤栞里が笑顔で撮影

 2015年から不定期に行われた13回(別途、予選会2回)を経て、8日からついにレギュラー放送をスタートさせる『有吉の壁』。有吉弘行がMC、佐藤栞里がアシスタントを担当し、出演芸人たちがさまざまなジャンルの『お笑いの壁』にチャレンジし、「壁を超え芸人として成長する」という純度100%のバラエティーとなっている。

 そんな同番組の魅力を伝えるべく、かつて有吉と間違えられてテレビ局の楽屋口まで通されたという“逸話”を持つ渡辺氏がオリジナルイントロを制作。渡辺氏は「バラエティー番組の番宣はどれも同じに見えると、いち視聴者として思っていた。イントロを見ただけで番組を見た気になっちゃダメだなと思って、番組を見ようと思ってもらえるようなイントロにしました」と意図を語った上で、新しい切り口の“イントロ”が紹介された。

 番組の終盤には、佐藤アナにも“無茶ぶり”が。プロの渡辺氏の前で、即興で『有吉の壁』のキャッチコピーを考えることになり、ド緊張の佐藤アナだったが、すぐに作ったとは思えないほど完成度の高いコピーを披露し、渡辺氏も「想像以上にいいですね」と舌を巻いていた。収録を終えて、佐藤アナがコメントを寄せた。

■佐藤真知子アナのコメント

――念願のトーク番組MCとなりましたが、初回収録を終えていかがですか?

もちろん、緊張もしましたが、本当にあっという間で、率直に楽しかったです! 番組の趣旨としては、日本テレビの番組紹介ですが、そこに留まらず、ゲストの魅力や、タメになるお話(初回で言うと、キャッチコピーの作り方)も盛り込まれていて、とても濃い内容になったのではと思います。すでに次回が楽しみになるような収録でした。

――ゲストの渡辺さんと対面するにあたって、どのような下調べをしてきましたか?

渡辺さんがこれまで受けられたインタビュー記事や著書を拝読し、その中で、疑問に思ったことや印象的なことをメモしておきました。またコピーライターの方ということで、私自身がこれまでの人生で出会った“コピー”について思い出し、コピーとはどういうものなのか自分なりの考察を深めてみました。

――トーク番組初MCとは思えないほど、落ち着いた進行をしていましたが、ご自身での手応えと反省点は?

自分が楽しめなければ、相手の方はもっと楽しめないと思うので、終わった後に「楽しかった」そう思えたことは、良かったなと思います。一方で、姿勢や笑い方、台本への視線の落とし方などの所作、相づちの打ち方、バリエーションなど反省は尽きません…。もっともっと勉強して、早く理想に近づきたいです。

1/2ページ

最終更新:4/5(日) 13:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事