ここから本文です

松本人志、志村さんのことを「毎日1回考える」 “女性エピソード”で追悼

4/5(日) 10:36配信

オリコン

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、5日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。新型コロナウイルス肺炎のため先月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)への思いを語った。

【写真】浅田真央、“バカ殿”志村けんと待望の“アイーン”披露

 訃報が伝えられた先月30日には、松本は自身のツイッターで「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」と追悼。この日の放送では「毎日1回志村さんを考える。これはしょうがない。いつまで続くのかな」と語り、「僕らの世代は、喜劇がすごく得意な若者が急に出てきて、喜劇王になるまでずっと見てきた世代ですから」と偲んだ。

 最後に会ったのは昨年の6月。志村の行きつけの店で偶然一緒になり、「微妙な女性といらっしゃいました…」と明かすと、ゲストの西川貴教は「言わんでええやん!」とツッコミ。また、自身が初めて『バカ殿』に初めて出演した際、志村さんが「本番以外ではずっと渡辺美奈代のヒザを触っていた」と振り返り、笑いを交えながら志村さんを追悼した。

 日本を代表する偉大な喜劇王の突然の訃報を受け、明石家さんま、木梨憲武、岡村隆史(ナインティナイン)、バナナマン、おぎやはぎ、ノブ(千鳥)などお笑い界の後輩はもちろん、志村さんの初主演映画になる予定だった『キネマの神様』でW主演となっていた俳優の菅田将暉など、多くの芸能人がラジオやSNSで追悼した。

最終更新:4/6(月) 21:18
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事