ここから本文です

「いくつになっても履きたい」ヴァンズ・オールドスクールの2020年最新モデル4選

4/5(日) 12:00配信

FINEBOYS Online

スニーカーがファッションシーンで隆盛、安定をしてきた中で、男女、いや世代をも超えて愛されているモデルがある。それが「ヴァンズ オールドスクール(VANS OLD SKOOL)」だ。大人気モデルなだけにまわりともカブりがちだが、シーズナルモデルを狙えばそれも回避可能。春コーデの完成度を高めてくれる最新オールドスクールをチェックしよう。

誕生から40年超! 愛され続けるオールドスクール

ヴァンズといえばアメリカ発のブランドとして、ストリートシーンで絶大な指示を獲得しているブランドで「オールドスクール」以外にも「オーセンティック(AUTHENTIC)」「スリッポン(SLIP ON)」「エラ(ERA)」「SK8-HI」「ハーフキャブ(HALF CAB)」といった多くの人気モデルを輩出しているのはご存知の通り。
「オールドスクール」が誕生したのは1977年。ヴァンズを象徴するサーフライン(SIDE STRIPE)をデザインし、当時は「スタイル36」、通称:ジャズ(JAZZ)と呼ばれていた。シューズを構成するパーツが多く、80年代には「カスタムカルチャー」を形成する代表的モデルに。スケートボードやBMXといったストリートカルチャーだけでなく、パンクバンドなど音楽シーンにも影響を与えるなど、さまざまなカルチャーと密接な関係を作り上げてきた。そうした背景からも、ロングセラーモデルたる所以を感じさせるが。今現在支持されているのは、「汎用性の高いデザイン」に他ならない。シンプルスタイルからストリートスタイルまでこの1足でコーディネートできるのは何よりもの魅力。もちろん、豊富なカラーバリエーションやアレンジモデル、コラボレーション、限定モデルも毎シーズン投入していることも根強いファンの獲得に繋がっている。一度履いてみたらわかる。きっと愛され続ける理由がわかるはずだ。

みんな履いてる定番モデルといえばコレでしょ! VANS OLD SKOOL DX

オールドスクールの人気ナンバーワンカラーはブラック。オールドスクールのアイコンであるサイドのサーフラインがアクセントとして映える。安定&安心なデザインは若年層のみならずストリートファッション好きな大人の心も掴んで離さない。使いやすいから確実に持っておきたい1足だ。

1/2ページ

最終更新:4/5(日) 12:00
FINEBOYS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事