ここから本文です

タイガーもスピースも、ウェッジはアイアンよりも「軟らかめ」。“巨匠”ボブ・ボーケイが教える、ウェッジシャフトの選び方【復刻】

4/5(日) 18:33配信

みんなのゴルフダイジェスト

みんなのゴルフダイジェストの過去記事から、とくによく読まれたものを復刻! 今回はタイトリスト「ボーケイ」ウェッジの生みの親であるウェッジデザインの巨匠、ボブ・ボーケイ氏が教えてくれた、ショートゲーム攻略のカギとなる、ウェッジに最適なシャフトの硬さ、そしてウェッジ選びの際に気を付けたい5つのポイントをご紹介!

軟らかめのほうがヘッドを感じてリズムを作りやすい

80年代後半以降、クリーブランドの「TA588」ウェッジの大ヒット、そしてタイトリスト「ボーケイデザインウェッジ」の登場によって、アイアンセットと違う銘柄のウェッジを使うクラブセッティングが定番化した。以来、アイアンはアイアンの、ウェッジはウェッジの進化を別々に辿ってきたような気がしてならない。

とくにシャフトの変遷には注意が必要だと思う。なぜなら、アイアンはいわゆるストロングロフトの長尺アイアンの登場で、カーボン化が進み、どんどん軽くしなやかになっている。一方、ウェッジのシャフトといえば、まだまだ「ダイナミックゴールド」、『N.S.PRO950GH』、「MODUS3」などのスチールシャフトが人気の中心だ。さて、この軽量系アイアンと単品ウェッジのシャフトの差、このままでよいのだろうか? ボブ・ボーケイに聞いてみた。

「アイアンとウェッジのシャフトは、同じものを使う。簡単にいえばそれでよいと思う。あえて違うシャフトにするとすれば、アイアンよりワンフレックス軟らかい硬さのシャフトをウェッジには付けるべきだね。アイアンより硬いシャフトはダメだ。同じか軟らかいもの。それは覚えておいてほしい」(ボーケイ氏、以下同)

ウェッジは、フルショットだけではなくコントロールショットで多用される特別なクラブ。だからこそ、シャフトは軟らかめのほうがヘッドを感じやすく、安定したリズムで振りやすいのだという。

タイガーもスピースもトーマスも「軟らかめ」

PGAツアーのトップ選手を例にとっても、ウェッジを軟らかめにするのは常識のようだ。

ボーケイウェッジ愛用のジョーダン・スピースは、アイアンがライフル・プロジェクトXの硬さ6.5、ウェッジはワンフレックス軟らかい6.0。同じくボーケイウェッジを使うジャスティン・トーマスも、アイアンはダイナミックゴールドX100、ウェッジはワンフレックスダウンのS400である。たしかタイガー・ウッズもウェッジはダイナミックゴールドS400だったはずだが? とボーケイ氏にきいてみると……。

1/2ページ

最終更新:4/5(日) 18:33
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事