ここから本文です

【MLB】スト明けで144試合制の1995年 どんなシーズンだった?

4/5(日) 15:20配信

MLB.jp

 メジャーリーグ公式サイトでは、新型コロナウイルスの感染拡大によってレギュラーシーズンの開幕が延期されている期間を利用して、過去を振り返る企画を次々に展開している。日本時間4月5日にはウィル・レイッチが、ストライキ明けで144試合制の短縮シーズンとして開催された1995年を特集する記事を公開。近鉄バファローズを退団して海を渡った野茂英雄(ドジャース)のデビューイヤーとなったこの年は、どんなシーズンだったのだろうか。

 労使交渉のもつれによって1994年のシーズンが8月に中止され、代替選手による強行開催の可能性も取り沙汰された1995年のシーズンだが、144試合に短縮する形で4月末に無事開幕を迎えた。しかし、ストライキの影響によるファン離れは深刻で、平均観客動員数は前年から1試合あたり6000人減となる25021人まで減少。しかし、野茂の鮮烈なデビュー、カル・リプケンJr.(オリオールズ)の連続試合出場メジャー記録更新、「打者天国」クアーズ・フィールドの開場など、明るいニュースも少なくなかった。ワイルドカードのチームがポストシーズンに初出場したのもこの年である。

 前年、地区首位を快走しながらもストライキによりポストシーズン進出を逃したエクスポズ(現ナショナルズ)は、財政難によりラリー・ウォーカー、マーキス・グリッソム、ジョン・ウェッテランド、ケン・ヒルといった主力選手を次々に放出。成績は前年の74勝40敗から66勝78敗へと悪化し、ワシントンD.C.へ移転してナショナルズと改名したあとの2012年までポストシーズンに出場できなかった。

 一方、エクスポズからウォーカーを獲得したロッキーズは、ダンテ・ビシェット、ビニー・カスティーヤらを中心とした打線が「打者天国」で猛威を振るい、球団創設3年目にしてワイルドカードでポストシーズンに進出。地区シリーズでブレーブスに敗れたものの、躍進の1年となった。

1/3ページ

最終更新:4/5(日) 15:20
MLB.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事