ここから本文です

戦国東都で100安打以上は一流の証明?高木豊(多々良学園出身)、村田修一(東福岡出身)など記録達成者たち

4/5(日) 18:30配信

高校野球ドットコム

 近年レベルの高い選手を多く輩出する東都リーグ。今回はそんな東都リーグ通算安打記録上位でプロになった選手の成績を紹介したい。

【動画】履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開

藤波 行雄(静岡商-中大)133本
1146試合 539安打 24本塁打 186打点
高木 豊(多々良学園-中大)115本
1628試合 1716安打 88本塁打 545打点
石毛 宏典(市立銚子-駒大)114本
1796試合 1833安打 236本塁打 847打点
大下 剛史(広島商-駒大)112本
1310試合 1233安打 50本塁打 322打点
穴吹 義雄(高松-中大)111本
1166試合 814安打 89本塁打 404打点
中尾 孝義(滝川-専大)106本
980試合 699安打 109本塁打 335打点
尾上 旭(銚子商-中大)105本
362試合 77安打 5本塁打 33打点
藤岡 裕大(岡山理大附-亜大)104本
224試合 189安打 7本塁打 63打点
野村 謙二郎(佐伯鶴城-駒大)103本
1927試合 2020安打 169本塁打 765打点
井口 忠仁(國學院久我山-青学大)103本
1915試合 1760安打 251本塁打 1017打点
村田 修一(東福岡-日大)103本
1953試合 1865安打 360本塁打 1123打点
中田 亮二(明徳義塾-亜大)103本
80試合 20安打 0本塁打 3打点
山崎 剛(日章学園-國學院大)103本
49試合 28安打 1本塁打 9打点
南渕 時高(天理-青学大)102本
824試合 538安打 23本塁打 201打点
人見 武雄(大津東-日大)101本
1146試合 539安打 24本塁打 186打点
亀井 義行(上宮太子-中央大)101本
1270試合 993安打 96本塁打 428打点
広瀬 哲朗(富士宮北-駒大)100本
966試合 592安打 12本塁打 173打点
今岡 誠(PL学園-東洋大)100本
1309試合 1284安打 122本塁打 594打点
大崎 雄太朗(常総学院-青学大)100本
444試合 243安打 5本塁打 77打点

 1000試合以上出場経験がある選手が多いことに驚きだ。また、2000安打には野村 謙二郎、井口 忠仁(日米通算)の二人が到達している。

 今後も東都リーグ出身のプロ野球選手に注目だ。

最終更新:4/5(日) 21:54
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事