ここから本文です

会社を辞めて痛感、組織は理不尽だがメリットも大きい

4/5(日) 20:20配信

LIMO

組織で働くと理不尽なことも多いけれども、それでも組織で働くメリットは大きいと筆者(塚崎公義)は考えています。

多くの新入社員が期待と不安の中で新しい社会に加わったことと思います。会社等の組織には、理不尽なことも多いでしょうが、ある程度の理不尽は我慢して、ぜひ頑張ってほしいと思います。組織って素晴らしいものですから。

組織に入ると理不尽なことも多い

社会人は、給料をもらって仕事をするわけですから、楽しいことより辛いことがあるのは当然のことです。それでも合理的な仕事をやらされて疲れるのであれば良いのですが、実際には理不尽なことも多いのが実情です。

上司や顧客が無理難題を押し付けてくるかもしれません。同僚の失敗を顧客に謝罪して罵倒されることもあるでしょう。社内の派閥争いに巻き込まれたり、セクショナリズムに悩まされることがあるかもしれません。

そんな時には、やけ酒を飲んでストレスを解消したくなるかもしれませんね。飲み過ぎはいけませんが、ストレス解消はサラリーマンとして非常に大事なことですから、自分なりの解消法をしっかり身につけておくことは大切です。

給料の半分はやけ酒を飲むため?

筆者が銀行の新入行員だった頃、先輩に言われたことがあります。「お前の給料の半分はやけ酒を飲むためのものだから、大いに飲めば良い」というのです。

「組織は理不尽だと思うだろう。その通りだ。しかし、組織には理不尽を上回る大きなメリットがあるから、世の中には組織というものがあるのだ」

「お前が客に集金に行くと、客は預金してくれるだろう。しかしそれは、お前にではなく、お前が属している組織に対する信用があるからだ。お前が個人として銀行を開いて預金を集めても、誰も預けてくれないだろう。上手くいったとしても、給料の半分も稼げないと考えた方が良いだろう」

「そうだとすれば、お前の給料の半分は組織の理不尽に耐えていることの我慢料だ、と考えれば良い」というわけです。

すごく納得したことを覚えています。しかし、筆者が本当に先輩の言葉を身を以て実感したのは、銀行を辞めてからのことでした。

1/3ページ

最終更新:4/5(日) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事