ここから本文です

インディカー:iRacingチャレンジ第2戦アラバマはオーストラリア・スーパーカー王者のスコット・マクローリンが制す

4/5(日) 16:44配信

オートスポーツweb

 新型コロナウイルスの影響で開幕できていないNTTインディカー・シリーズがファン向けに開催しているインディカー・iRacingチャレンジ第2戦『ホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマ』は4月4日、決勝レースが行われ、オーストラリア・スーパーカー王者のスコット・マクローリン(シェルVパワー・チーム・ペンスキー)が優勝を飾った。

【4位に食い込んだアレックス・パロウ】

 ドライビングシミュレーターのiRacingを使ったインディカーのバーチャルレースは、このバーバーが第2戦。『ホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマ』として開催されたレースは、参戦するドライバーたち、さらにNBCスポーツのコメンタリー陣が自宅から参加した。

 ポールポジションは第1戦のウイナーであるセージ・カラム(DRR・ウィックス・フィルター)が獲得し、ウィル・パワー(ベライゾン・チーム・ペンスキー)が2番手。日本でも戦った経験をもつフェリックス・ローゼンクビスト(NTTデータ・チップ・ガナッシ・レーシング)とアレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ)が2列目に並んだ。

 レースでは、カラムとローゼンクビストが接触するなど本番さながらの白熱したレースとなり、15周目からはフルコースコーションも導入されるなど、第1戦以上に戦略の幅を広げることになった。

 そんなレースだが、レースは終盤に向けて、パワーと2020年にインディ500にペンスキーから参戦することが決まっているオーストラリア・スーパーカー王者のマクローリンの戦いとなる。

 長年シミュレーターをドライブしているマクローリンは、8番手スタートから残り6周でパワーをかわし優勝を飾った。なおマクローリンは地元のニュージーランドからの参加で、時差の関係でプラクティスは午前2時から、フィニッシュしたときには午前5時40分だったという。

「本当に嬉しいよ!」とバーチャルながらインディカー初優勝を飾ったマクローリン。

「今回、ボイスチャットでアメリカにいるエンジニアのジョナサン・ディウグイードを連れてきたんだよ。彼は僕に素晴らしい戦略を立ててくれたんだ」

 2位となったのはパワーで、3位にはGRCグローバルラリークロス王者のスコット・スピード(サージ/カーブ・アンドレッティ・オートスポート)が食い込んだ。4位には、前戦でピットの設定ミスがあり後退してしまったパロウが入った。

 レース中には、ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)代表のテッド・クラウスが自宅から登場するなど、レースを盛り上げていた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/5(日) 16:46
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事