ここから本文です

中日ドアラのYouTubeバズらせ戦略とは? チャンネル登録者“最下位”からの逆襲劇

4/5(日) 13:37配信

Full-Count

中日のマスコット・ドアラがYouTuberとして人気の兆しを見せる

 中日のマスコット・ドアラが、YouTuberとして人気の兆しを見せている。球団の公式チャンネルで配信する動画シリーズ「マスコットチャンネル」。春季キャンプから本格的に投稿を始め、中には20万回再生を数えた動画も。他球団と比べた公式チャンネルの登録者数でも“最下位”から脱出し、関係者は「チームと一緒にAクラス入りを」と意気込んでいる。

【動画】ドアラがナゴヤドームを歩き、スタンドにポツリ… “エモい”シーンも好評な「マスコットチャンネル」

 話さない? いや、話せないドアラが、閑散としたドーム内をてくてく歩く。選手たちがグラウンドで試合前練習に汗を流す中、観客のいないスタンドにポツンと座った背中を映した“エモい”シーンも。「ナゴヤドーム初! 無観客試合! でも…ドアラがいる!」と題した動画が投稿されたのが3月1日。選手らのメッセージ動画の再生回数が1万回前後なのに対し、あれよと言う間に20万回を突破した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ナゴヤドームでのオープン戦が無観客で開催された日。少しでもファンに現場感を届けようとカメラを回したというが、球団イベント推進部の村山順治さんは「ここまでバズるとは」と驚く。動画では、関係者用のエレベーターの中なども映されており、普段見ることのできないドームの様子を知ることができる。コメント欄には、エレベーターのアナウンス音「ドアが閉まります」が、「ドアラ閉まります」に聞こえたと面白がる声も目立った。

 7年連続Bクラスにあえぐチームと同様に、公式チャンネルもこれまで地の底を這っていた。村山さんによると、昨年時点での登録者数は4500人余り。ほとんど稼働していなかった広島を除き、各球団の公式チャンネルと比べてもダントツの最下位だった。動画コンテンツがより重要になってくる令和の時代。適役なのがドアラだった。シュールな動きと発言には定評があり、「ネットとの親和性もある」(村山さん)。昨オフの契約更改でYouTuberデビューを宣言し、春季キャンプから本格的な投稿を始めた。

1/2ページ

最終更新:4/5(日) 22:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事