ここから本文です

ラキティッチ獲得へ条件は整った?…アトレティコが今夏3度目の正直へ

4/5(日) 21:03配信

SOCCER KING

 バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、今夏のアトレティコ・マドリードへの移籍が近づいているようだ。4日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 ラキティッチとバルセロナの契約は2021年までとなっており、クラブはフリーでの放出を避けるために今夏の売却を検討している模様。850万ユーロ(約10億円)とみられる高給取りのラキティッチを放出することにより、新たな選手の獲得資金とするプランを考えているようだ。本人はリーガ・エスパニョーラでのプレー続行を希望しているとみられ、国内での移籍が有力視されている。

 そんななか、ラキティッチはアトレティコ・マドリードの補強プランにぴったりと合致するタレントとなっているようだ。クラブにとってラキティッチは、同選手がそれぞれセビージャとバルセロナに加入した2011年と2014年にも獲得に動いた理想の人材。今夏は中盤の強化に巨額を注ぐ用意はないが、来季で契約の切れるラキティッチの獲得には十分にチャンスがあると見込んでおり、実現の可能性は高まっている。

SOCCER KING

最終更新:4/5(日) 21:03
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事