ここから本文です

【大阪杯】クロノジェネシス惜敗2着 斉藤崇師「いい競馬してくれた」

4/6(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 「大阪杯・G1」(5日、阪神)

 満開の桜花をバックに、咲き誇ったのは2番人気のラッキーライラック。2着に4番人気のクロノジェネシスが入り、牝馬によるワンツーフィニッシュ。逃げた1番人気のダノンキングリーは3着に敗れた。

【動画】JRA史上初の無観客競馬…薄暗いスタンドに響く蹄音とステッキの音

 4番人気のクロノジェネシスは2着。好位から脚を伸ばしたが、勝ち馬に首差及ばなかった。北村友は「外枠だったけど、理想の位置で競馬ができたし、道中も折り合いを欠くことはなかった。最後もしっかりとしていた」とサバサバとした表情で振り返る。

 5着に終わった昨秋のエリザベス女王杯に続き、ラッキーライラックの後じんを拝した。斉藤崇師は「内で脚をためている馬に負けたかなという感じ。いつもよりも間隔が詰まっている分、テンションが高かったけど、いい競馬をしてくれた。エリザベス女王杯の時よりも差を詰めているので、次ですね」と再戦を望んでいた。

最終更新:4/6(月) 8:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事