ここから本文です

トヨタ、休暇中の感染防止対策も徹底---社員が旅行後に陽性

4/6(月) 8:42配信

レスポンス

トヨタ自動車は4月4日、愛知県豊田市の元町工場の生産ラインで働いている20代男性従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表した。

この従業員は3月30日に発熱、その後自宅待機していたが、4月2日に救急搬送された先の医療機関でPCR検査を実施し、4日に陽性反応が出たもの。同日現在、豊田市内の医療機関に入院中だという。

感染が確認された従業員は、3月26日、27日に年休を取得し、東京にいる家族を訪問していたため、3月25日を最後に職場には出社していない。このため、職場に濃厚接触者はいないものの、寮で一部居室スペースを共有する従業員2人を濃厚接触者として14日間の自宅待機とした。

また、感染者が勤務していた職場は、感染の疑いが発覚した4月2日時点で、消毒作業を実施し、稼働を再開しているという。

トヨタでは、今回の従業員の感染について「トヨタの全事業所に関わるものとして受け止め、他拠点でも従業員へ休暇中の過ごし方も含めた感染拡大防止に対するさらなる注意喚起と健康状態の確認を一層細やかに進める」としている。

トヨタでは高岡工場、トヨタ自動車九州で感染者が見つかっている。

レスポンス レスポンス編集部

最終更新:4/6(月) 8:42
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事