ここから本文です

「トヨタジュニアW杯」は1年延期 ジュニアゴルフの国別対抗戦

4/6(月) 19:05配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

世界ジュニアゴルフ推進会と中京テレビ放送は6日、「2020(第28回)トヨタジュニアゴルフワールドカップ」の開催を1年延期すると発表した。6月21~26日の日程で愛知県豊田市の中京ゴルフ倶楽部石野コースで行われる予定だった。

【写真】トヨタジュニアワールドカップに出場した安田祐香

大会事務局は「新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴い、慎重に協議を重ねた結果、参加選手、大会関係者の皆様の安全が第一との考えに至った」と説明した。

同大会は、世界6大陸の70を超える国と地域が参加するジュニアゴルフの国別対抗戦。地域の予選を勝ち抜いた代表24チーム(男子15チーム、女子9チーム)が競い合う。

前年大会は、梶谷翼、山下美夢有、岩井明愛の3人で臨んだ日本女子が大会連覇を達成した。日本男子は久常涼、杉浦悠太、宇喜多飛翔、大嶋宝の4人が出場し、南アフリカに敗れて2位で終えた。

過去には2019年にともにツアーでアマチュア優勝を飾った金谷拓実や古江彩佳、レギュラーツアーで活躍する新垣比菜、今年プロデビューする2000年生まれの“ミレニアム世代”として注目される安田祐香らが出場している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事