ここから本文です

百田尚樹氏が報告…1週間前に通院も「抗生物質3日分で止まった咳がまた出てきた」

4/6(月) 7:21配信

デイリースポーツ

 作家の百田尚樹氏が6日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、咳が止まらない症状を訴えていたが、一週間前の通院で投薬し、いったん止まった咳が「また出てきた」と報告した。

【写真】スーパーモデル、コロナ拡大最中仕方なく仕事で移動も完璧防護服

 百田氏は6日午前2時に更新したツイートで「咳が止まらないので、約一週間前に病院に行き、抗生物質の薬を三日分もらった。先生『これは毎日飲んでください。効き目は一週間あります』翌日から咳が少なくなり、四日目に止まった」と経緯をつづった。

 その上で、百田氏は「一週間後、また咳が出てきた。薬はウソつかないと思った。明日また病院に行こう」とツイートした。同氏の投稿に対して「お大事に」「何とか検査をしてもらって下さい」などと心配するリプライが続いた。

最終更新:4/6(月) 7:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事