ここから本文です

東京六大学 終戦直後46年以来1回戦総当たり リーグ開幕5月下旬に延期

4/6(月) 7:30配信

デイリースポーツ

 東京六大学野球連盟は5日、東京・新宿区の神宮球場内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今春のリーグ戦開幕を4月11日から5月下旬に延期し、リーグ戦方式を2戦先勝の勝ち点制から1回戦総当たりに変更して準備することを決めた。1回戦総当たりの開催となれば1946年春以来、5度目となる。

【写真】ジャイアント馬場以来2メートル日本人選手誕生へ 早大・今西

 1925年秋から始まった歴史ある東京六大学にもコロナ禍が波及した。東京六大学連盟は会議後、感染リスク防止のために神宮球場のグラウンドで取材対応。内藤雅之事務局長は「現時点では7月までリーグ戦をやるのは難しい」と開幕延期に加えて通常開催の断念という苦渋の決断をしたことを明かした。

 延期すると日程消化が難しくなるため、従来の2戦先勝による勝ち点制から、1回戦総当たりで全15試合の開催を目指す。1回戦総当たりで行われれば「野球統制令」の制限により実施された1940年秋、41年秋、42年秋と戦後初のリーグ戦の46年春以来5度目。実に74年ぶりとなる。

 同連盟はNPBとJリーグが合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」にオブザーバー参加した。一時は5月中旬の開幕を目指したが、この日「(感染症の)専門家の提言も考慮しました」(内藤事務局長)と5月下旬への延期を決定。しかし来月に再度協議し、その時の状況次第では中止や無観客試合の可能性があることも示唆した。

 感染者を出さないため加盟6校には4月中の対外試合の自粛を申し合わせた。大正から歴史を紡いできた伝統の大学野球リーグが令和を迎え、終戦直後以来の危機に直面した。

最終更新:4/6(月) 8:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事