ここから本文です

【動画あり】ながらスマホ運転の恐怖! その「2秒」を描いたWeb動画を公開

4/6(月) 11:51配信

MOTA

岡山トヨペットは2020年4月6日より、同社が取り組んでいる交通事故ゼロ・プロジェクト第7弾として、ながらスマホ運転防止啓発Web動画「2seconds」を公開する。
動画は、自動車を運転しながらスマホを操作する「ながらスマホ運転」が事故に繋がる危険性を、シリアスなストーリーで描くもの。“2秒間”の油断が思わぬ事故に繋がり得るという、ながらスマホ運転の恐ろしさを実感させられる内容となっている。

■たった2秒のながらスマホ運転が引き起こす“恐怖”。動画の詳細はこちらから

ながら運転厳罰化! 「2秒」が怖いWeb動画公開

■スマホやカーナビ注視が危ない
2019年12月1日より、運転中の「ながらスマホ」に対する罰則が厳しくなった。近年、ながらスマホ運転による交通事故件数は年々増加しており、中でもカーナビの注視や携帯電話の画像を見たり操作したりする「画像目的使用」が事故の原因となっているケースが多く見られる。

また、死亡事故率は携帯電話を使用していない場合と比べて、使用している場合は約2.1倍高まるという傾向も明らかになっている。

■その「2秒」が事故のもと!
自動車が2秒間に進む距離は、約22.2m(時速40kmで走行中の場合)とされている。「夜間、歩行者がほとんどいない道路を走行中に、携帯電話の画面に目をやった」「直線道路を走行中に左手で携帯電話を持って操作をしながら運転した」など、ほんの一瞬の気のゆるみが交通事故に繋がっている。

今回の動画では、「一瞬見るだけなら大丈夫」「自分が事故を起こすはずがない」といった油断は禁物であることを伝えるため、様々な登場人物の“2 秒間”を描き、事故に繋がるシリアスなストーリーを伝えている。

ながらスマホ運転防止啓発Web動画「2 seconds」の内容

カチコチ、カチコチ...と時を刻む秒針の音。

女性、男性、子連れの母親、お年寄りと、様々な人の顔がアップで映し出されます。

皆穏やかな表情で、何かを見つめています。

一人の男性が車の運転座席に座って、スマホの画面を見ています。

すると突然、大きな衝突音が鳴り響き、画面は真っ暗に。

たった2秒で、車は22m進む。

たった2秒で、人生は暗転する。

皆がじっと見つめていたのは、スマホの画面。

そのたった2秒間が、大事故を引き起こしてしまったのだ。

1/2ページ

最終更新:4/6(月) 11:51
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事