ここから本文です

1年と持たず...レアル・マドリーがブラジル代表CBミリトンの放出を決意

4/6(月) 10:54配信

SPORT.es

昨年3月にヴァランやセルヒオ・ラモスの競争相手としてレアル・マドリーへ加入したブラジル代表DFエデル・ミリトン。しかし加入後1年を待たずしてマドリーはミリトンが必要十分なレベルに無いと判断した。
外国人選手枠の空きを作る為にも、マドリーは可能な限り早くミリトンを放出するとみられる。

適応に苦慮するミリトン、チームの敗戦全てに関わる

現在マドリーの強化部門はミリトンの代役となる選手を探しているとメディア『OK Diario』は報じる。

上層部の意見は分かれており、5,000万ユーロ(約59億円)の移籍金を取り戻すために売却する案と、他クラブへレンタル移籍させ成長を待つ案が存在する。

いずれにせよ、今シーズン終了次第ミリトンがサンティアゴ・ベルナベウから離れることに疑いはない。

ミリトンの今季の成績は予想値をはるかに下回っており、ディフェンダーとしてのポテンシャルが不足している。その実、今季の負け試合の殆どにミリトンが出場しており、スタメン出場した計9試合中4試合が黒星となっている。

SPORT

最終更新:4/6(月) 10:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事