ここから本文です

アニメ「はめふら」躍動感あふれるオープニングが「可愛くて楽しい!」と反響続出

4/6(月) 19:11配信

AbemaTIMES

 春アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(以下「はめふら」)が4月4日に放送開始。躍動感あふれるオープニング映像が話題になっている。

 同アニメは、山口悟氏による人気ライトノベルが原作。前世でプレイしていた乙女ゲームに出てくる悪役令嬢、カタリナ・クラエス(CV:内田真礼)に転生した主人公が、悪役ゆえの破滅フラグを回避するために奔走するラブコメディだ。

 第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」では、人気音楽ユニット・angelaが担当するオープニング主題歌「乙女のルートはひとつじゃない!」(4月22日発売予定)にのせたオープニング映像も披露された。楽曲の転調と映像の切り替わりが印象的な映像で、Twitterでは、「OP最高すぎる」「すごいわくわくする!!」「可愛くて楽しい!」「音楽も映像も好き」「めちゃくちゃ動きがあって楽しいわ!!」などの声が相次いでいた。

第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」
【あらすじ】
カタリナ・クラエスは、頭をぶつけた衝撃で女子高生だった前世の記憶を取り戻し、自分が夢中になっていた乙女ゲームの登場人物の一人、わがままで傲慢ちきの悪役令嬢になってしまったと気づく。良くて「国外追放」最悪「死亡」する「破滅フラグ」を回避する為、カタリナは行動を開始するのだった。

(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

最終更新:4/6(月) 19:11
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事