ここから本文です

『あつまれ どうぶつの森』でユーザーが『ポケモン』のマサラタウンを再現。花畑や21番水道も再現された力作

4/6(月) 9:16配信

電ファミニコゲーマー

 TwitterユーザーのTCL Poww氏が、『あつまれ どうぶつの森』で『ポケットモンスター』シリーズ(以下、ポケモン)に登場するはじまりの町「マサラタウン」を再現して話題となっている。衣服も『ポケモン』の主人公レッド風のキャップやジャケットを着ており、シリーズ未経験だと新作と言われて信じてしまう人もいそうだ。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 マサラタウンは英語で「Pallet Town」と呼ばれている。英語版である『Pokémon』では、看板に「Shades of your journey await!」(色とりどりの旅が待っている!)と書かれている。マサラタウンの「まっさら」と同じく、色を置く前の何色にも染まっていない状態のパレットをイメージした名前だ。

 TCL Poww氏のマサラタウンには、主人公の自宅のほかに原作どおりライバルの自宅やオーキド博士の研究所も建っている。主人公宅の前の花畑や、ゲームを開始して町を出るときに必ず通る北の道路も再現。南には21番水道も見られる。BGMもマサラタウンのメロディが奏でられている。

 Twitter上では、原作である『ポケモン』のことを思い出して涙を流す画像を張る人々や、カントー地方全体を作ってほしいと願う人など、さまざまな賞賛の声があつまっている。TCL Poww氏も「もっとたくさんの建物があれば作るんですが……」と、カントー地方全体を再現したい気持ちを語っている。

 また、氏のむらびとが着ている衣装のコードも公開されている。これを着て虫取りや釣りにいそしめば気分はポケモントレーナーだ。カントー地方全体を再現する一大事業に乗り出すのも良いだろう。

 なお偉大な『ポケモン』シリーズ1作目の最初の町だけに、マサラタウンを作ろうという人はひとりだけではない。これ以前にもTwitterユーザーのMigue氏が同じようにマサラタウンを作って公開していた。スペイン語でのツイートなのでスペイン語が多いが、やはり賞賛や懐かしむ声が届けられているようだ。

 島クリエイターで思い出深いゲームの土地を再現することができる『あつまれ どうぶつの森』。もしどんな島にしようか迷ったら、思い出のゲームの土地を再現してみるのはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

電ファミニコゲーマー:

最終更新:4/6(月) 9:16
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事