ここから本文です

ファン・ダイクがプレミアリーグのベスト5選出! 同僚を選べない縛りの中で選んだ5人は?

4/6(月) 17:56配信

超WORLDサッカー!

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがプレミアリーグのベスト5を選出した。クラブ公式サイトで伝えている。

【動画】リバプールが欧州の舞台で起こした“アンフィールドの奇跡”たち

今回、プレミアリーグのインタビューに応じたファン・ダイクは『five-a-side team(ベスト5)』の企画に参加。この企画では自チーム以外に所属するプレミアリーグの所属選手の中から[1-1-2-1]の布陣で5人を選出する条件となっており、基本的にはGKとDFから一人ずつ、MFとFWから3人を選ぶ形となる。



昨シーズンのプレミアリーグ年間最優秀選手賞を獲得するなど、今や世界最高のセンターバックと評されるオランダ代表DFは、自身と最も関連があるGKとDFにブラジル代表GKエデルソン、フランス代表DFアイメリク・ラポルテというマンチェスター・シティの2選手の名前を挙げている。

「エデルソンは素晴らしいゴールキーパーだと思う。今シーズンに関してはこれまで以上に良いゴールキーパーが揃っていると思うけど、彼がベストだと思う。でも、アリソンがナンバーワンだ。それが、僕の本心だよ」

「ラポルテはシティにおいて、自身がどれほど重要な存在であるかを示してきたよ。個人的にも彼は並外れた守備者だと思っている。心の底から良いディフェンダーだと思っているから今回彼を選んだよ」

守備的か攻撃的か選ぶ側の志向が最もハッキリ出る中盤の2選手に関しては、毎年のようにリーグベストイレブンの候補に挙がるマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネと、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンというアタッカー2人を選出している。

「シティのプレーヤーばかりを選んでいるように見えてしまうかな。だけど、ケビン・デ・ブライネに関して多くを語る必要はないんじゃないかな。彼はまず人間的にも素晴らしいし、優れたプレーヤーだよ。他の人間とは異なる視野を持っているし、尊敬に値するよ」

「ソン・フンミンは速くて強い。ピッチ上で対峙するディフェンダーを地獄に叩き落とす。そして、フィニッシュに関しては両足とも素晴らしい精度だね」

最後にピッチ上で最も対峙する機会が多いストライカーに関しては、ここまで3選手を選んできたマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロやマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードではなく、同僚であるFWサディオ・マネとFWモハメド・サラーと共に2年連続で得点王を争うアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを選択した。

「選んだ理由は彼がシーズンを通して見せてきたものに基づいている。オーバメヤンとラカゼットのデュオは印象的だよ。アグエロを選んでも良かったけれど、彼は良いストライカーであり、アーセナル加入以降、素晴らしい数字を残しているからね」

ファン・ダイクの本音としては全ポジションでリバプールのチームメートを選択したいところだったと思うが、世界最高のセンターバックと評される同選手のベスト5はなかなかに興味深いメンバーとなった。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/6(月) 20:41
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事